ドッジボール投げ方上達法

ドッジボール投げ方に関するサイトを集めてみました。
ドッジボールといえば大人にも懐かしい球技ですが
ゲーム世代の現代っ子たちの間でもドッジボールは健在です。
ドッジボールの最中、逃げてばかりいてボールに触れようとしない子はいませんか?
ボールの投げ方に自信がなかったり、ボールをうまくキャッチできない子もいますよね。
そこで今回はドッジボールの投げ方の上達法について紹介します。
ドッジボールの投げ方って意外と奥が深いんですよ。

ドッジボール投げ方 その1

ドッジボールの投げ方といえば上から投げると思い込みがちですが
身体のまだ小さな小学生は、横投げの方がよいという意見もあります。
ちょうど野球でいえばサイドスローのようなイメージです。
身体を使って遠心力を使ってボールを飛ばせるため
腕の力が弱くてもボールが遠くまで飛ぶという原理です。
遠くまで投げれないという子供には
一度サイドスローをすすめてあげてみてください。

ドッジボール投げ方 その2

ドッジボールの一般的な投げ方が紹介されています。
ポイントは、ボールを耳の横で構え、前足は軽く浮かせるようにして、
後ろ足に体重をのせる。
投げる相手を決めたら、相手に向かって腕を振り前足に体重を写す。
投げ終わるまで、相手から目をそらさないこと。

サティ キッズメイト
http://www.mycal.co.jp/kids/taiiku/taiiku05.html

ドッジボールの投げ方 その3

「徒手空腹」というサイトによると
ドッジボールをうまくうまく投げられない子にはいくつか共通点があるそうです。
1.体が正面に向いて、両足がそろったままである。
2.ボールを投げる前の初動作が完全でない。
  体重をボールの持ち手側にかけて、ためを作ることが出来ない。
3.投げる時の、ボールから手を離すタイミングが取れない。  
以上の3点を克服すれば、ドッジボールの投げ方も変わってくるはず。
投げ方を練習する方法についても触れられています。

徒手空腹
http://utebahibiku.seesaa.net/article/3678331.html

ドッジボールの公式ルール

ドッジボールの公式ルールについて知りたい方は
下記の日本ドッジボール協会ホームページをご覧ください。
ドッジボールの基礎知識などもいろいろ参考になります。

日本ドッジボール協会
http://www.dodgeball.or.jp/rule/official.html